ご利用案内(通販) ショップへのお問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

戦国武将

真田幸村(真田信繁)(永禄十〜元和元)

武田二十四将の中の真田昌幸の次男。大阪冬の陣で城外の出丸の真田丸で、徳川家康軍にひと泡もふた泡もふかせた兵(つわもの)。大阪夏の陣で徳川家康軍の本陣にまっしぐらに攻め込み、家康を敗走させた。しかし、多勢にはかなわず大阪夏の陣で力尽き討ち死。

直江兼続(永禄三〜元和五)

上杉景勝の家老。関ヶ原の戦いで石田三成と呼応して、徳川家康を挟み撃ちにする作戦を立てたと言われているが、今は疑問視されている。前立の「愛」が有名であるが、愛し合うの愛ではなく、愛染明王もしくは愛宕権現の愛からきていると推測します。

前田慶次郎(生没年不明)

前田利家の兄前田利久の養子。漫画とパチンコ「花の慶次」で有名になる。前田慶次郎は前田家では評判が悪いが、敵など目に入らぬように、たった一騎で朱色の柄の長槍を軽がると振り回す派手な戦いぶりはかっこいい。

織田信長(天文三年〜天正十年)

信長は比叡山焼き討ち、本願寺攻め等の行為から無神論者と言われていますが、自分独自の宗教観があるからこそ、叡山攻めなどの仏教破壊行為ができたのではないでしょうか?


では、第六天魔王信長が信仰していた、神とは・・・・・

弁財天・白山権現・牛頭天王・天満大自在天・愛宕権現・荼枳尼天

そして 大自在天

<参考文献> 学研M文庫 第六天魔王信長 藤巻一保著 

戦国武将ブレスレットは騎馬武者をクリック→  戦国武将

武田信玄前田慶次郎織田信長真田幸村

伊達政宗直江兼続上杉謙信石田三成モデルあります。